水について

人は食物なしで数週間生きることができますが、水なしで約5日しか生きられません。

私たちの体重の約4分の3は水です。たとえば、脳の75%から85%は水であり、筋肉の70%は水です。水には多くの機能がありますが、食物の消化と吸収を助け、細胞に栄養素を運びます。毒素やその他の老廃物を取り除き、関節や大腸の潤滑剤としても機能します。ちなみに、十分な水を飲むことも減量の重要な要素であることをご存知ですか?

水を飲んで体重を減らす

まず、水はカロリーがなく、脂肪やコレステロールが含まれていません。ナトリウムの量も少ないです。第二に、水は食欲を抑制します。第三に、それは体が蓄積された脂肪を代謝するのを助けます。どのように助けますか?腎臓に十分な水分がない場合、腎臓は適切に機能しません。その後、肝臓はその役割の一部を担いますが、そうすると肝臓が脂肪を効率的に代謝する能力が低下します。したがって、脂肪は体内に残り、体重が増えます。それで、米国アリゾナ州スコッツデールにある南西部肥満栄養センターのドナルド・ロバートソン博士は言います。 「減量の秘訣は十分な水を飲むことです。減量しようとしていて、水をたくさん飲まないと、体は脂肪をうまく代謝できません。」

体内に水分がたまると肥満を引き起こす可能性があるのは事実です。したがって、水を溜めがちな人の多くは、水を控えることが解決策だと考えています。ただし、その逆が当てはまります。水が足りなくなると、体は手足に水分を蓄え、一滴も失わないようにします。したがって、栄養士はあなたがあなたの体が必要とするもの、つまり十分な水を手に入れることを勧めています。また、摂取する塩分が多いほど、体がそれを希釈するために蓄える水分が増えることを覚えておいてください。

体に水分を補給する

毎日、平均2リットルの水が皮膚、肺、腸、腎臓から排泄されます。息を吐くだけで、毎日約0.5リットルの液体が失われます。この水が補充されない場合、私たちは脱水されます。脱水症状には、頭痛、倦怠感、筋肉痛、暗色尿、熱不耐症、喉の渇き、ドライアイなどがあります。

では、どれくらいの水を飲むべきでしょうか?肥満の専門家であるハワード・フラックス博士は、次のように述べています。「健康な人は、1日8オンス[240 cc]のカップで少なくとも8〜10カップを飲む必要があります。暑い気候に住む人には、さらに運動が必要です。太りすぎの場合は、10トンごとに理想の体重を超えるコップを1杯飲む必要があります。」しかし、最近、喉が渇いたときに水を飲むだけで十分だと言う人もいますが、喉が渇いたら、すでに飲んでいる可能性があります。ある程度脱水。

水の代わりに別の飲み物を飲むのはどうですか?水で薄めた果物や野菜のジュースも良いですが、カロリーがあります。また、砂糖や牛乳を多く含む溶液を飲むと、体はより多くの水分を必要とします。それらを消化するには水が必要です。さらに、アルコールとカフェインを含むコーヒーとお茶は、軽度の利尿作用があります。つまり、排泄された部分を回復するには、より多くの水を飲む必要があります。この貴重な液体、水に代わるものはありません。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました